新入生の皆さまへ -知的好奇心を持って

             大きく羽ばたく鳥になれ-

 

                                          医学部長    

 

 新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます。数ある大学のなかで、鳥取大学を選んで頂いたことに感謝申し上げるとともに、今後皆さまが卒業に至るまで、十分な知識を身につけ、快適な大学生活を過ごすことができるよう、お手伝いをしていきたいと思います。

 医学部には、医学科、保健学科、生命科学科の三学科がありますが、前二者はそれぞれ医師免許、看護師免許などの国家資格を取得し、将来は良き医療人・研究者になるためのコースです。後者は医学的な知識を有するバイオサイエンティストを育成するコースで、このような三学科を備えた国立大学は本学にしかありません。

 入学されて、さまざまな夢をお持ちだろうと思います。これまでの受験勉強から開放され、自由な鳥のように羽ばたこうと考えている人もいるかもしれません。しかし、これからの大学生活で、どういう「鳥」を演じるのかが、皆さんの将来設計に大きな影響を与えることを肝に銘じてほしいと思います。

 皆さまに伝授しなければならない知識は、昔に比べて格段に増えていますし、これからも確実に増え続けます。私たちの脳の記憶容量には限界があり、すべての知識を脳に埋納することは不可能です。このため、新たな問題に出会ったときに、どのようにして対処していくのか、という問題解決能力の育成が医学教育にとっても重要な課題となっています。

 皆さんはこれから、まだ見ぬ新しい学問分野に向けて一歩ずつ歩み出すことになります。そこには未知の世界が待ち受けています。知らないことを知ることは楽しいことですが、ときには苦労や苦痛を伴うこともあるでしょう。その苦しみを乗り越えて、新しいことを知るともっと楽しい世界が見えてきます。

 各地から集まってきた新しい仲間や大学教員との出会い。これもまた、知らないことを知ることであり、新しい仲間との交流は新しい知識の吸収につながります。路傍に咲いている花。その花の名前を知ることによって、より親しみが持てるようになり、日常生活にも潤いが増すことでしょう。専門的な知識ばかりでなく、ざまざまな雑学にも精通した教養豊かな人間力を身につけて頂くことを願っています。

 知る楽しみの根元となるのは「知的好奇心」。これを絶えず持ち続け、何事にも興味を持って有意義な大学生活を送ってください。そして、最後は大空に羽ばたく「飛鳥(ひちょう)」となって、社会に向かって羽ばたいていってほしいと思います。皆さまのご健闘をお祈りしておりますし、そのために鳥取大学医学部は努力を惜しみません。