鳥取大学教育センター広報 No.3 1996年11月

カリキュラムについて考える

語学演習装置(L・L装置)での授業風景(14頁参照)

《 目  次 》

単位制度の空洞化の改善を! 工学部長 道上 正規 2
一般教育の全学実施体制の現状と課題
-第44回中国・四国地区大学一般教育研究会に参加して-
大学教育センター長 高階 勝義 3
大学教育センターを大学教育研究センターに 大学教育センター主任 熊原 啓作 4
教養と教育制度
-第44回中国・四国地区大学一般教育研究会に参加して-
教育学部教授 田畑 博敏 5
第44回中国・四国地区大学一般教育研究会に参加して
(保健体育分科会)
医学部教授 清水 克哉 6
鳥取大学における外国語教育のあり方について 教育学部教授 筏津 成一 7
第44回中国・四国地区大学一般教育研究会
-日本語・日本事情分科会-に参加して
教育学部講師 谷守 正寛 8
第44回中国・四国地区大学一般教育研究会
-情報科学分科会-に参加して
工学部教授 増山 博 9
教養科目<特定>解放科目に関するアンケート 調査結果について   10
「(超)高齢社会の福祉論」は21世紀の共通教養 教育学部教授 渡部 昭男 11
「えっ、これが歴史学?」 教育学部助教授 柳原 邦光 12
開放科目・農業史を担当して 農学部助教授 佐藤 俊夫 13
開放科目を受講して -新しい視点の獲得を- 工学部知能情報工学科 井野木 雅彦 14
一般教育関連委員会委員名簿     15
一般教育科目カリキュラム相談室を開設     15
大学の切手シリーズ(その3)     16
大学教育研究年報投稿の公募について     16
あとがき     16