後藤 和雄

1.教育活動

(1) 担当授業科目等:

初等整数論,数理ファイナンスの基礎,
数学演習I(解析学),解析入門I,解析学教程I,
解析学教程II,読書ゼミナールI,読書ゼミナールII

(2) その他 公立八鹿病院看護専門学校(情報科学および統計学)

2.専門分野

数学(代数学,解析学,統計学)

3.研究内容

(1) 整数論(解析的整数論,一様分布論)

(2) 統計学

(3) 地域分経済分析

( (1)(2) の知識を用いて,共同研究を行い,地域学会で発表および学会誌に投稿・出版)

(4) GPAについての研究

教育開発部門としての研究活動として,次の2つの論文を発表している。

鳥取大学教育センター紀要に発表(図書館の研究成果リポジトリでは,

「GPA定義の問題点とその一般化」はアクセス件数:149件 ダウンロード件数:380件,2010年1月6日現在)

2009年12月に「重みつきGPAの求め方」を発表した。

過去の数学関連に関する,研究論文のリストの主なものは,次のアドレスにアクセスをお願いします。

1.研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)

http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901014335154605

2.鳥取大学研究成果リポジトリ

http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/Index.e

  「数学定数事典」(フィンチ著,一松 信 監訳,共立出版,

2章および5章を担当し,本文548ページのうち,全体の50%を訳す。2010年2月に出版)朝倉書店ホームページより,書籍詳細引用

円周率π,自然対数の底e,√2などの有名なものから,あまり知られていないめずらしいものまで,数学の定数約960を網羅して解説した事典。定数がどのように誕生し,なぜ重要なのか,すべての有意義な定数を体系的に説明し,項目ごとに詳細な文献リストをまとめてある。〔内容〕有名な定数/数論に関する定数/解析不等式に関する定数/関数の近似に関する定数/離散構造に関する定数/関数反復に関する定数/複素解析に関する定数/幾何学に関する定数/付録:定数表(引用終わり)

4.将来取り組みたい仕事,研究及び教育者としてのアピール等

数学や統計学の研究を行いつつ,地域経済データ分析をも行う。データ分析については,いくつかの結果を得て学会誌に投稿し採択されている。

教育については,将来役に立つ,数学などの基礎概念や知識を理解してもらうように講義をしている。将来すぐに役立つものだけの講義内容を,目標および目的とはしていない。

一見,役に立たないように見えるものが,将来,役に立つからである。

最後に,拙書「初歩からの微分積分」(共立出版)を,

・多くの大学の先生方が採用いただいていること,および,
・出版部数のうち半数以上の個人が書店から購入いただいていることを,
・さらに,Amazon.co.jp のリストマニアにおいて,鳥取大学工学部物質工(化学の本)の中で,唯一数学の本で,リスト作成者のコメント「最高傑作」という評価をいただき,
・「イズミの数学」を作るとき,第9巻の第1章の参考書としてしていただき,「沢山の練習問題と定理の証明、詳しい解答があり、初学者には心強い文献である。」という評価を得ています。

この場をお借りして,みなさまに感謝申しあげます。

共通教育開発部門・准教授

後藤 和雄