和田 綾子

1.教育活動(担当授業名)

   英詩を読むI、 英詩を読むII、 上級英語、コミュニケーション英語B(CALL)

   実践英語B、英語I、英語II、 英米文学形成論 他

 2.専門分野・学位

   (1)専門分野  英文学

   (2)学位    Ph.D. (The University of Durham, U.K., 1995)

                                     イギリス・ダーラム大学 

         博士論文題目:The Evolution of Blake’s Vala/The Four Zoas:

                               its formation, collapse and regeneration (314頁)

 3.研究テーマ・論文等

   (1)イギリス・ロマン派文学研究(専門は、特にWilliam Blake)

        (2)2008-2010 科学研究費 基盤研究(C)で取り組んでいるテーマは、

   「ヴィクトリア朝におけるブレイク再評価においてD.G.ロセッティが果たした役割」

  <主要な論文・著書(分担執筆)・研究発表等>

・Ayako Wada, ‘The Hidden Love Triangle and Adulterous Birth in Blake’s The Four Zoas’, Blake, Gender & Sexuality in the 21st Century: an International Conference (St. Aldate Church, Oxford, UK) , 15-16 July, 2010 (2010年オックスフォード 国際ブレイク学会研究発表)

  ・Ayako Wada, ‘Turning the Pages: Blake’s Notebook and its Digital Transformation’, Digital Romanticisms: an International Conference (Tokyo University), 22-23 May, 2010 (2010年デジタル ロマンティシズムズ 国際学会[東京大学]研究発表)

 ・和田綾子、「ヴィクトリア朝におけるBlake Revival ―Dante Gabriel Rossettiの果たした役割―」、イギリス・ロマン派学会第33回全国大会シンポジアム <ロマン派とヴィクトリア朝>におけるパネリストとしての発表(2007年10月13日、於 成蹊大学)

  ・Ayako Wada, ‘Blake’s Oriental Heterodoxy: Yanagi’s perception of Blake’, The Reception of Blake in the Orient’, ed. Steve Clark and Masashi Suzuki, London: Continuum Press, 2006, 161-171.

    ・Ayako Wada, ‘Revisions of Blake’s America and Their Meaning’, Voyages of Conception: Essays in English Romanticism, Tokyo: Japan Association of English Romanticism, 2005, 86-103. 

    ・和田綾子, 「祝福された女性と呪われた女性―ブレイク神話に見る女性像」,『文学と女性』, 吉田幸子・横山茂雄編, 英宝社,2000, 97-116.

 ・Ayako Wada, ‘Encountering One’s Own Spectre: Tharmas as Urthona/Blake’s Alter Ego in Vala/The Four Zoas’, Essays in English Romanticism (Igirisu Romanha Kenkyu), 23, 1999, 19-31.

     ・ Ayako Wada, ‘The Fluctuating Myth of the Fall: Four Zoas versus Spectre and Emanation in Night III of Blake's Vala/The Four Zoas’, Essays in English Romanticism (Igirisu Romanha Kenkyu), 1997, 21, 5-18. 

 ・ Ayako Wada, ‘Blake's Vala/The Four Zoas: the Genesis of Night I as a Preludium’, Essays in English Romanticism (Igirisu Romanha Kenkyu), 19.20, 1996, 5-14.

 大学紀要等 に発表済みの論文(一部掲載)については、http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/Index.eを参照して下さい。

 4. メッセージ

 ・ 英語上達の秘訣については、以前に「外国語上達道」と題して記事を書いていますので、それを読んでみて下さい。(http://www.stu.zim.tottori-u.ac.jp/center/agora/2008/agora26/wada.htm

教育方針は、学生の英語のレベルや求められる内容によって異なりますが、最上位クラスでは、授業のほとんど全てを英語で行います。こうしたクラスでは、学生が関心を持つテーマについて英語で聞き、読み、話し、書き、英語でプレゼンテーションができるまで導きます。

  ・ 「英詩を読む」では、Shakespeareのソネットから、イギリス・ロマン派の詩、Robert FrostやWallace Stevensなどの20世紀の米詩や、W.B.Yeats やSeamus Heaneyなどのアイルランド詩人の作品まで幅広く扱います。本学の様々な学部・専攻の1~4年生の受講生が、修行を積むうちに、前期・後期試験(半期)で、初めて目にする作品を辞書を使って様々に解釈し、表現できるようになるのには本当に驚きます。詩人の視点を通じて、生きること、愛、永遠と時間、老い、死など、様々なテーマについて考えることにより、豊かな感性を育むことが、この授業の一番の目的です。

 ・  どうも、私と同姓同名の大学教員が日本に3~4名はいるようです。今の所、私のアイデンティティは、鳥取大学所属の英文学専門家ということです。

外国語部門・教授

和田 綾子